色褪せないマイスタンダード 02 『スクーカム』のスタジャン

Buy on 2015/03/13
5bb2d30d92ded09cc67710f22306fb7b

前回に引き続き、マイスタンダードの第二弾。

 

ご紹介するのは、「SKOOKUM(スクーカム)」のスタジャン。マイスタンダードとなると、どうしてもMade in USAばかりになってしまうが。。

 

購入したのは恵比寿にあるショップ「ウォルナッツ」。ここ数年、アウターとして毎シーズン袖を通している数少ないアイテムの一つだ。

 

SKOOKUMは、アメリカ、ワシントン州にて1939年に創業された長い歴史を持つ老舗メーカー。創業以来3代にわたり、昔ながらの変わらない方法でスタジアムジャケットやレターリングニットなど、カレッジファッションの代表的なアイテムを作り続けている。

IMG_5786のコピー のコピー

 

ウォルナッツ別注となるこちらの1着は、オールメルトンのラグランボディに、リブの2本ラインがアクセントとなる、まさに昔ながらの王道スタジャンといった趣。濃いネイビーのボディにレッド×ホワイトのリブという星条旗カラーも気に入り即購入した。

IMG_5790のコピー のコピー

IMG_5791のコピー のコピー

 

ハンドポケットのトリミングはレッドカラーのレザーで補強されている。裏地にはコットンツイル、袖裏はナイロン生地で腕通りもなめらか。

 

昨今、スタジャンは定番的なアウターとして定着しており、旬のファッションブランドからも毎シーズンリリースされている。今の流れであるタイトに絞られたシルエットや変化球的な素材使いなどもちろんカッコいいのだが、自分のなかのスタジャンの理想はやはりこのポッテリとしたちょっと野暮ったい感じ。

 

SKOOKUMはショップ別注も多くこなしており、様々なカラーやモデルがあるのでお気に入りも見つかりやすいはず(その分、気に入ったものを買い逃すとショックは大きい)。

そろそろ暖かくなってきた昨今だが、冬が始まる頃にはまたスクーカムのスタジャンに袖を通しているのだと思う。