1800年代〜1900年代初頭の銀製テーブルウエアに、新しい時代の息吹を吹き込み、アクセサリーへと昇華させる。 『B・M・T』特集【前編】

Accessories Fashion on 2015/07/24
IMG_7556

アンティークの銀製テーブルウエア、特にスプーンやフォーク、バターナイフといった製品に添えられている装飾は美しい。

 

当時高価であった銀製テーブルウエアを彩る装飾はとても華やかで流麗だ。その時代の痕跡、空気感が反映されていて非常に興味深い。

 

この特徴的な装飾を残しつつ、生かしつつ、新しい時代の息吹、デザイナー独自の感性が吹き込まれたシルバーアクセサリーが今、注目を集めている。

 

Ogasawara氏がデザイナーを務めるアクセサリーブランド『B・M・T/ブラインド マン トグス』のアクセサリーだ。

 

IMG_7478

Ogasawara氏は、1997年に大阪にヴィンテージショップ『ニューエアー』をオープンさせ、2014年まで実店舗を営業させていたヴィンテージに精通する知識人。

 

バイイングのため、渡米を繰り返すたびに目にしていた、1800年代〜1900年代初頭の銀製テーブルウエアの美しさに引き込まれ『B・M・T』を立ち上げた。

 

ねじる、曲げる、たたく。

 

持ち手の柄はそのままに、最適な加工を施しながらリングやバングル、ネックレスへと仕上げられる。リングやバングルにセットされた石にもヴィンテージを用いることが多い。

 

デザインの軸となっているのは、70年代のヒッピームーブメント。あの時代を象徴する「自由」の精神をアクセサリーにさりげなく薫らせる。

 

IMG_7489 IMG_7503 IMG_7504

IMG_7523

IMG_7534

IMG_7537

IMG_7552

 

上記リング類は、¥14,040〜¥43,200の価格で購入することができる。

IMG_7587

IMG_7591

IMG_7598

IMG_7603

IMG_7611

IMG_7614

上記バングルやブレスは、¥23,760〜¥49,680の価格で購入可能。

 

 

IMG_7621

上記マネークリップは¥23,760。

 

 

現在は、日本国内での販売に留まらず、米国での展開もスタート。なんと米国・ロサンゼルスの名店「マックスフィールド」でも展開されている。

 

幸せを導くと信じられ、魔除けの力があると信じられていた時代の貴重な銀製テーブルウエア。

 

歴史的価値と意味を持った『B・M・T』のシルバーアクセサリーに、今後ぜひとも注目してみてほしい。

 

 

【問い合わせ】

B・M・T

http://www.bmt-blindmantogs.com/