100年以上の歴史! イタリア製の手挽きコーヒーグラインダー

Life style Tools on 2015/08/24
coffee grinder MC 140V wooden base

世界中から絵画やインテリア、小物まで幅広いアイテムを集め、収蔵しているMoMA(ニューヨーク近代美術館)。

 

このMoMAのミュージアムショップであるMoMAデザインストアからこの度、秋冬の新作として多くの素晴らしいアイテムが登場する。

 

今回は、MoMAデザインストアの新作の中から100年以上の歴史を誇るコーヒーミル「マニュアル コーヒー グラインダー」を紹介したい。

 

「マニュアル コーヒー グラインダー」は1900年代初頭に誕生し、現在でも北イタリアにある同じ工場で製造されている。

 

独特な円錐形の鍛鋼製粉砕メカニズムを備え、優れたコーヒーミルが数多く誕生している中、100年以上経った今でも市場に出ている中で最高のコーヒーミルと称されるほど。

 

コーヒー豆の挽き方は至ってシンプル。本体真ん中にある金色の蓋を開け、コーヒー豆を投入したら取手付きのホイールを回転させるだけ。

 

さらに、上部のつまみを回して豆の荒さを調節することもできる。

 

回転式のホイールは滑らかで一定の動きを保ってくれるので、力を入れなくてもスムーズに豆を挽くことが可能。

 

挽いた豆は、本体下部にある木製の引き出しに集められるので取り出して好きな飲み方で楽しむことができる。

 

コーヒー豆を挽くことはもちろん、美しい見た目も魅力のひとつ。

 

1杯ずつじっくりと時間をかけて淹れるコーヒーは格別な味となるだろう。

 

coffee grinder MC 140V wooden base Manual Coffee Grinder

 

マニュアル コーヒー グラインダー

 

素材:鋳鉄、メタルシート、鍛鋼、ブナ材

価格:¥38,000(税抜)

※9月中旬以降発売予定

 

++++++++++++++++++++

せっかくなので、手軽に美味しい水出しコーヒーが楽しめる「水出し珈琲ポット」も合わせて紹介しよう。

 

使い方は、ポットに挽いたコーヒー豆と水を入れ、時間を置くだけ。水でじっくりとコーヒーを抽出するので、豆本来の味と香りが楽しめる。

 

細かなメッシュの長いストレーナーが搭載されており、出来上がり容量は1,000ml。さらに、抽出したコーヒーは、そのままポットで保存することができる。食器洗い乾燥機の使用も可能だ。

 

こちらの「水出し珈琲ポット」、手軽に美味しいコーヒーが楽しめる上にリーズナブルな価格も魅力的だ。

 

Hario Cold Brewer Hario Cold Brewer

水出し珈琲ポット

 

サイズ:幅 138 × 奥行 94 × 高 294mm

素材:ガラスボール(耐熱ガラス)、フタ・ハンドルバンド・ストレーナーフレーム(ポリプロピレン)、メッシュ(ポリエステル)

出来上がり容量:1,000ml

価格:¥1,500(税抜)

※9月17日発売

 

++++++++++++++++++++

 

最近では、サードウェーブコーヒーの影響もあり、自宅でも美味しいコーヒーを楽しみたいという人も多いはず。

 

MoMAが認めたこれらのアイテムで至福の時間を楽しんでみてはいかが?

 

【問い合わせ】

MoMAデザインストア

営業時間:11:00〜20:00

定休日:年中無休 (年始・ビル休館日を除く)

TEL:03-5468-5801

http://www.momastore.jp